イチムログ

思ったことを思ったままに

あなたは本に付箋を貼る派?貼らない派?

こんにちは。

イチムラマサヤです。

最近寒い日が続いてますね。

僕が住んでいるつくば市も、メチャクチャ寒いです。

いい加減にして欲しい。

 

こんな日は、もちろん外に出る気力はなく、部屋にこもってyoutube

動画に飽きて、勉強机に目をやると、しばらく眠ったままの本が気になり、手にとって、読みはじめる。

 

・・・

 

そして、こう思うのです。

なんで、こんなに付箋ペタペタなんだ?

f:id:msyicmr:20170116212011j:plain

僕の本たち。付箋でエグいことになっています。

 

僕は、本を読みながら気になった部分には付箋をペタペタします。

(最近はkindleのマーカー機能にハマってます)

なので、1ページおきに付箋なんてことも。

お陰で付箋はすぐになくなります。

 

そして、読みながらこう思うのです。

なんで、ここに付箋貼ったんだ?

思わず自分のセンスを疑ってしまう。

前回貼ったところを読んでも全く響かないんですね。

まったく別の文章を読んでいる感覚。

 

でも、なんでこんなことが起こるんでしょうか?

勝手に考察してみました。

 

人は刻々と変化する。

f:id:msyicmr:20170116223932j:plain

言わずもがなーという感じですが。

人間は刻々と変化する時空間のなかで、自身も常に変化し続けています。

そして同時に、求めているものも変化し続けているのです。

欲しかったものを手に入れると、またすぐに別のものが欲しくなるのと同じように、いま欲しい情報を手に入れると、またすぐに別の情報が欲しくなる

このように私たちは、新しい情報を欲しては手に入れ、また欲しては手に入れるというサイクルのなかに生きているのです。

 

ここまで読めば、私たちが本を読む理由は明らかですね。

もちろん欲しい情報を手に入れるため。

その中に欲しい情報があるorあると信じているから。

 

ただし、求めているのは、あくまで”いま”欲しいものなので、同じ情報でも、時空間が変われば、目の付け所が変わります

つまり、反応する場所=付箋をペタペタする場所が変わるのです。

むしろ、同じ部分に反応する方が珍しい。

大体こんな感じでしょうか。

 

「なんでそこに付箋貼った問題」はこれで解決できそうです。

 

ちなみに今僕が読んでいる本はこちら

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

ご存知かとは思いますが、大ヒットセラー「嫌われる勇気」の続編です。

人間関係で悩んでる人は、ぜひ一度お試しあれ。

幸せに生きるためのヒントが盛りだくさんです。

いやー、深い。

 

では最後に、本の内容から。

 

真理の探求のため、われわれは暗闇に伸びる長い竿の上を歩いている。

(中略)

哲学とは、永遠に歩き続けることなのです。

(p29-30)

 

止まることなく、歩き続けていきたいと思います。

巻き込み力の高い人たちにあたたかく巻き込まれてきた。

こんにちは。

イチムラマサヤです。

だいぶ遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。

 

昨日Tsukuba Place Labにて行われた、

Lab対談vol.1 あたたかな巻き込み力』に参加してきました。

 今回は、その模様についてお送りしたいと思います。

 

最近、巻き込んでますか?

今回のテーマは、「巻き込み力」

新規事業やプロジェクトの立ち上げやアイデアの提案・提言など、様々な場面で求められてくる「巻き込み力」

特に組織をリードする立場の人間にとって欠かせない能力でしょう。

そんな巻き込み力を、巻き込み力のプロフェッショナルたちに、ガッツリお話いただきました。

 

f:id:msyicmr:20170115160304j:plain

(写真左から)イベント会場のコワーキングスペースTsukuba Place Lab代表の堀下さん、札幌でゲストハウスwayayuyuを運営している合同会社Staylinkの柴田さん、河嶋さん、木村さん、ジーンズブランドEVERY DENIMを手掛ける山脇さんの5名。

皆さん当日4時まで起きていたテンションとは思えず、終始笑いの絶えないあたたかなムードの中進みました。

 

あっという間の2時間。

会場全体がガッツリ巻き込まれていました。

巻き込み力恐るべし。

本当なら全部お伝えしたいところですが、特に印象に残った内容を勝手に選んでお送りします。

 

ストリーをつくる

f:id:msyicmr:20170115160635j:plain

新しいことを始める人にとって大事なのが、ストーリー。経緯。

これを飛ばしてしまうと、その人の熱意や芯となる部分が伝わりません。

ラーメン好きの人が、突然うどん屋を開くことになったらどうでしょう?

理解に困りますよね。「お前急にどうした?」と。

やりたいことが決まったら、なんでそれをやりたいのか、それに対して今まで何をしてきたのか、みつめなおしてみましょう。

 

理解してもらう前に理解する

f:id:msyicmr:20170115161109j:plain

ストーリーが完成したら、次は発信といきたいところですが、一旦ストップ。

ここで闇雲に発信しても、人を巻き込むには逆効果。

それは、相手が欲していない場合があるから。

欲しくないプレゼントもらっても嬉しくないでしょ?

相手の欲求をガン無視してはいけません。

一旦こらえて、まずは相手の理解に努めましょう。

 

wayaをオープンする際は、地域の方とのコネクション作りから始めたそうです。

そこで、気をつけたのが、求められるまで発信しないこと。

地元のお祭りで神輿を担ぎ、近所のオジサン達とお酒をかわし、まずは相手の理解に努める。

そして、相手が心を開き、関心を示してきたところで、初めて発信する。

自分たちのことを知ってもらいたいなら、まずは相手を知る。

コミュニケーションに苦手意識のある僕にとって、非常にタメになるお話でした。

 

いつも、自分のことばかり話してるなー。

相手がつまらなそうだなーと感じる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

すぐ決めて、すぐ行動する

f:id:msyicmr:20170115163213j:plain

準備してからやるのか、すぐやるのか。

意見の分かれやすいテーマですね。

登壇者の皆さんは全会一致で、すぐやる派。

さらに決めるスピードも重視しているそうです。

「いつかできたらいいね」「◯年後に起業する」は信用しない。

そもそも100%の準備なんてムリなんだから、決めたらさっさと始めましょう

すぐ決めて、すぐやる。

時間は貴重なリソースです。

 

完璧を求めない

f:id:msyicmr:20170115162556j:plain

完璧を求めすぎると、人を巻き込める余地がなくなってしまう。

むしろ完璧でないことが、人が入り込める隙間を作り、結果的に巻き込まれていく。

 

wayaやTukuba Place Labの内装をDIYする際も、メンバーだけでは勿論キャパオーバー。

そこで、ヘルプを要請したところ、メンバーの知り合いから、近所の方まで多くの人が協力してくれたそうです。

そのなかには、今でもビジネスのパートナーとなっている人もいるとのこと。

 

いい意味で弱さをさらけ出すことで、巻き込んでいく

人を巻き込みたかったら、完璧を捨てましょう。

 

巻き込み力=応援してもらう力

f:id:msyicmr:20170115171334j:plain

巻き込み力の正体って、応援してもらう力なんだと思います。

 

  • ストーリーを大切することで共感を得やすくする
  • 相手を理解することで、自分たちを理解してもらう
  • すぐ決めて、すぐ行動することで、実現可能性を高める
  • 完璧を求めないことで、支えてくれる人が入れる余地を作る

 

それぞれが、応援してもらうための要素であり、1つとして欠けてはいけない。

これらが噛み合い、動き出すと、1人また1人と輪に加わり、さらにその輪が大きくなる。

人をあたたかく巻き込むためには、応援してもらうための基盤づくりが非常に大事なんですね。 

 

最後になりますが、お忙しいいところ駆けつけていただいた登壇者の皆さま、Labの関係者のみなさま、素晴らしいお時間をありがとうございました!

f:id:msyicmr:20170115160422j:plain

2016年ふり返るのが面倒だったので、来年の抱負を書いてみた。

こんにちは。

イチムラマサヤです。

今年も残りわずかになりましたね。

Facebookでも、年末の風物詩「ふり返り投稿」がちらほら。

僕も書こうと思ったんですが、今年1年いろいろ多すぎて、

内容がまとまらなかったので、

 

新年の抱負書いちゃおっ!

 

そんなわけで、大晦日に来年の抱負書いちゃいます。

しばらくお付き合いください。

 

来年の抱負「つくる」

f:id:msyicmr:20161231170337j:plain

つくります。

何をつくるか決めてませんが、つくります。

もしかしたら、絵本かもしれません。

とにかく何かつくります。

 

今年1年、悩み続けました。

様々な人と出会い、様々なモノに触れ、

新しいことを始めては、自分の無力さを知り、

悩んで、病んで、また悩むのくり返し。

 

悩もうと思えば、このまま悩み続けることもできるのですが、

時間は有限なので、この辺で、一区切りつけたいと思います。

 

そして、たどり着いたのが「つくる」

つくる、作る、造る、創る。

いろんなつくる。

字は違えど、自分で考えて、自分の手を動かしてつくる。

ロマンありませんか?

 

とりあえず、しばらくはつくりたいものを探しつつ、

つくるスキルも、伸ばしていきたいと思います。

 

さいごに

今年一年、多くの人にお世話になりました。

そして、多くの迷惑も掛けてきたかと思います。

最後になりますが、この場を借りてお礼申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

そして、来年もイチムラマサヤをよろしくお願い致します。

 

年末年始、旅行される方、帰省される方、さまざまだと思いますが、

寒冷地に行かれる方は、万が一、飛行機が欠航になったときのために、

下着プラス1日分と、大容量バッテリーを用意しましょう!

 

(空港で足止め食らった話はこちら)

ichimasa.hatenablog.com

 

 

それでは、みなさま良いお年を。

卒論提出で北海道来たら、空港で足止め食らって、発狂して、ブログ作っちゃった話

こんばんは。

自称アウトサイダーのイチムラマサヤです。

 

僕はいま、北海道の玄関口、新千歳空港にいます。

実はこの3日間、朝から晩までずっと空港のなか。

見事に足止めを食らっております。

 

ことの発端は木曜日。午後からの大雪で夕方以降の便が欠航に。

金曜日になっても雪の勢いはおさまらず、また欠航。

そして、今日は朝から快晴でいける!と思ったその矢先・・・

 

機材トラブル

 

なんだよ、それ。

呆れて言葉が出ませんでした。

木曜と金曜の欠航で、前後の便は各社とも満席。振替便なし。

この瞬間、3泊目が確定しました。

ほんと勘弁してくれ。

さすがにここまでくると辛いです。

 

幸い明日も晴れるそうなので、飛んでくれ。
いい加減、家に帰してください!

S社を信じます!

 

 

⒈ YOUは何しに北海道へ?

 

今回の目的はというと、、

ズバリ、卒論の提出です。

つい最近まで、卒論を書くか、書かないか、かなり悩んでいましたが、
結果的に卒論を書くことを選びました。

卒業と休学については後日詳しく書きたいと思います。

 

そんなわけで、執筆が全然進まず、
まともに書き始めたのは12月に入ってから。

正直、諦めムードも漂っていたのですが、持ち前の土壇場力で乗り切り、
なんとか卒業できる権利を手にすることができました。

 

しかし、、

北海道はそんなに甘くなかった。

 

卒論提出してから帰路につき、空港に到着したところで問題発生。

 

本日夕方以降の便は全て欠航致します

 

悪夢のはじまりはじまり。

 

 

⒉ LINEブログは?

 

ここまでブログ開設のことはガン無視で進めてきましたが、
きちんと説明しないといけませんね。

筋を通したいので、勝手に説明します。

 

ブログタイトルが欲しかった。

LINEブログだとブログ自体にタイトルがつかないので、
どちらかというとTwitterとかに近く、
僕としてはブログタイトルをつけたかったわけです。

だってその方がイケてるでしょ?

カタチから入る人あるある。

 

キーボードで打ち込みたかった。

LINEブログは完全にスマホ経由でした。

電車の中でも、トイレの中でも、いつでもどこでも書ける。

もちろんそれが売りなんだけど、僕にはハマらなかった。

やっぱりキーボードのほうが入力しやすい。

 

ざっくりこんな感じでしょうか。

まあ、ブログという形式にこだわりたいってことです。

 

 

⒊ これからどうするの?

 

基本的に週3本ペースで書いていきます。

3という数字に特別な理由はなく、これくらいが丁度いいかと。

 

あと、始めた理由はほぼ自己満ですが、特に自分の言葉で伝えることを
意識していきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いします!

 

 

次のフライトまで13時間。